top of page

(JP) 食品価格上昇で日本の消費行動が変化、米国産豚肉カットへの需要が高まるs

You can read the English version here


豊かな食の伝統と地元産の食材への嗜好で知られる日本は、国際的な市場力学の影響を受けた消費者行動の顕著な変化を経験している。2019年以降の食品価格の高騰は、日本の消費者に費用対効果に優れ、かつ高品質の代替品を求めるよう促し、未利用の米国産豚肉の需要が急増している。


streets in japan

USMEFの革新的マーケティング戦略

米国食肉輸出連合会(USMEF)は、特に革新的なマーケティング戦略を通じて、この変革に極めて重要な役割を果たしてきた。USMEFの日本マーケティング・マネージャーである上村太一氏は、斬新な方法で米国産豚ロースを日本の消費者に紹介するイニシアティブの先頭に立ってきた。伝統的に日本の家庭では、しゃぶしゃぶやトンカツなどの人気料理には薄切りの豚ロースが好まれる。しかし、USMEFの最新のイニシアチブは、家庭用オーブンがないため日本では比較的なじみの薄い調理法であるローストポークを普及させることで、この用途を多様化させることを目指している。



Changes Experienced in Japan

 

Traditional

New

Consumer Behavior Changes

Traditional Behavior: Japanese consumers typically use thinly sliced pork loins for dishes such as shabu-shabu and tonkatsu.

 

New Behavior: With USMEF's marketing efforts, consumers are now learning to prepare roast pork using U.S. pork loin slices, adapting to a cooking method that doesn’t require ovens.

 

Awareness and Health Trends

Traditional Awareness: There has been a general preference for locally sourced protein sources.

 

New Awareness: There is increasing recognition of protein's importance, especially among the aging population and health-conscious younger generations. U.S. pork is now seen as a nutritious and high-quality alternative.

 

Economic Adaptations

Traditional Spending: Consumers have historically prioritized premium local ingredients despite higher costs

New Spending Habits: Due to rising food prices, consumers are adjusting their budgets, looking for cost-effective yet quality protein sources like U.S. pork.

 

Marketing and Social Media Influence

 

Traditional Media Consumption: Older generations rely on routine and familiar sources for meal inspiration.

New Media Consumption: Younger consumers, influenced by platforms like TikTok, YouTube, and Instagram, are now more receptive to social media-driven culinary trends. USMEF leverages these platforms to promote U.S. pork, utilizing influencers to reach a broader audience.

 

結論

USMEFの戦略的努力は、日本における米国産豚肉の存在感を高めただけでなく、日本の消費者の豚肉に対する認識や利用方法をも変えた。食品価格の高騰が続く中、このような革新的なアプローチは消費者のニーズを満たし、市場の成長を維持する上で極めて重要である。日本におけるこの豚肉革命は、世界貿易と現地の消費者行動との間のダイナミックな相互作用を例証するものであり、より多様で弾力性のある食の風景への道を開くものである。


Comments


bottom of page